カテゴリー別アーカイブ: ブル・テリア

ブルテリア子犬

ブルテリア子犬は、
登録者がブリーダーさんのところで撮影していますが、頻繁に訪問できない地域もあります。
写真のない情報や、出産前情報など有ることもあります。→お探し問合せをご利用ください。


写真のない情報や、出産前情報など有ることもあります。→お探し問合せをご利用ください。

ブルテリア子犬選びは、これからワンちゃんと長い間暮らしていく上で、 重要なポイントです。
あなたは、 
ブルテリアの子犬を選ぶことは出来ますが、子犬はあなたを選ぶことは出来ません。

お互いが幸せな生活を送れますよう、
 以下のステップを踏んで選んで行きましょう。

・成犬時の大きさは?
・初心者向きか?
・性格は、穏やかか?
・運動や手入れの手間は?
・躾しやすいか?


・犬を飼っても良い環境か?
・室内・室外どっちで飼うのか? 
・近くに運動できる場所はあるか?
・誰が世話をするのか?(散歩をする人は?) 


・性別は?(気性・しつけのしやすさ・出産させるのか?)
・血統にこだわるのか?
・ペット用、ショー用?
・短毛、長毛?
・1頭で飼うのか?多等飼いか? 


環境の確認と家族の承諾を得た上で、

運命のブルテリアの子犬に出会ったときに直ぐに、
行動できるように心の準備も整えてください。

ブル・テリア特徴

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より( 最終更新 2012年1月10日 (火) 10:29 )

 

ブルテリア(Bull Terrier)は18世紀中期にできたイギリス原産の犬である。

ホワイト・イングリッシュ・テリアとスタッフォードシャー・ブル・テリア、オールド・イングリッシュ・ブルドッグを交配させてできたのが始まりである。

この原種はブル・アンド・テリアと呼ばれていたが、それを縮めてブルテリアと呼ばれるようになった。最初は闘犬として作られていた。

その後スパニッシュ・ポインター等を交配させ、家庭犬として改良して誕生したのが今日のブルテリアである

。大きさはスタンダードとミニチュアの2種類。

日本では『平成イヌ物語バウ』の主人公犬バウのモデルとして知られている。

そのあまりにユーモラスで何も考えていないように見える風貌から「バカ犬」と誤解されることが多く、漫画やアニメにもそのようなイメージで登場することが多い。

しかし実際はブルドッグの持つ闘争性とテリアの敏捷性を併せ持つ優秀な犬種であり、非常に賢い犬である。

脱臼・強迫神経症にかかりやすい。