マルチーズ特徴

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より( 最終更新 2011年12月19日 (月) 09:18

マルチーズは、小型犬の一種。小型の愛玩犬である。


歴史 :

地中海に浮かぶ島国のマルタ島で生まれたことからこの名がついた。
紀元前にフェニキア人の船乗りが持ち込んだ犬が元になったと言われている。 当時から愛玩犬であったと考えられており、最も古い愛玩犬である。
血統的にはビション・フリーゼ、ハバニーズ、ボロニーズなどの ビション系犬種とかかわりを持つ犬種である。
15世紀にフランス、19世紀にイギリスに渡り、 上流階級から普及していった。
日本国内の飼育頭数による人気犬種ランキング(JKC調べ) では1968年から1984年までの16年もの長期間、登録数の トップの座を守り、今でも人気の高い犬種である。
外観 :

被毛は光沢のある純白で、下毛(アンダーコート)のないシングルコートの直毛である。被毛の白さと対照的に鼻、唇、目の縁や足裏は黒く、目も暗色である。耳は垂れている。体重は3.2Kg以下、2.5Kgが理想とされる。
繊細な被毛はたいへん手触りが良いが毛玉になりやすく、ブラッシングやトリミングなどの手入れが欠かせない。季節による換毛はしない。被毛が地面まで届くフルコートがスタンダードであるが、家庭犬では短く刈り込み(サマーカット)していることが多い。
特性 :

性質は大人しく、人によく慣れる。明るく、外交的ではあるが、神経質なところもある。しかし、基本的に従順であり初心者でも飼いやすい。抱き犬として知られ、甘えたがり。暑さ・寒さにはあまり強くないので、屋内で飼うのが一般的である。下毛がないので抜け毛がない。
健康上の注意 :

多量の涙と目やにのために、目の周辺の被毛が赤く変色する流涙症が多く見られる。子犬期は低血糖症を起こしやすいので注意。