パピヨン特徴

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。



「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より(最終更新 2012年6月6日 (水) 21:13

パピヨン(Papillon)は、蝶が羽根を開いたような形の耳をした犬種である。

歴史RileyPapillon.JPG 別名

原種はスペインのトイ・スパニエルの一種とされている。15世紀以降、ポンパドゥール夫人やマリー・アントワネットをはじめとするヨーロッパ貴族の寵愛を受けるようになった。当時のヨーロッパでは入浴の習慣が無く、蚤やダニなどが、人に寄生するので、それを避ける為に犬を飼った。当時の肖像画には、主人とともにパピヨンとされる犬が描かれているものが見られる。有名なのは、オーストリアの宮廷画家マルティン・ファン・マイテンス(Martin van Meytens、1695年 – 1770年)の筆による『シェーンブルン宮殿の女帝マリア・テレジアとその家族』と題する3作の肖像画で、いずれの絵にも2頭のパピヨンとされる犬が登場している。

フランス革命の際には、革命軍によって貴族と共に数多くのパピヨンが殺害されたこともあった。

ブルボン朝の時代までは垂れ耳が一般的で、また、リスのように尾が巻いていることからリス犬と呼ばれていたが、19世紀末ごろに、スピッツやチワワと交配させて改良し、現在の立ち耳を持つタイプが出現したことで「パピヨン(フランス語で蝶の意)」と呼ばれる様になった。現在では、垂れ耳の個体はファレン(Phalène、フランス語で蛾の意)と呼ばれている。ネズミを追いかける習性があった。
特徴

* 小型犬
* 性格・性質

一見華奢だが割と丈夫、少し神経質なところがある。

* 体高 約28cm
* 体重 オス1.5~4.5kg、メス1.5~5kg
* 寿命 12~15年

健康上の注意点

遺伝性の病気は少ないほうだが、膝蓋骨脱臼と眼瞼内反症(逆さまつげ)になりやすい。
参考文献

* 愛犬の友編集部編 『パピヨン』 誠文堂新光社、2005年
* 「パピヨン」『ペット大図鑑』 goo

「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より(最終更新 2012年6月6日 (水) 21:13