バセット・ハウンド特徴

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


 

 

「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より(最終更新 2011年12月23日 (金) 07:47

バセットハウンド(Basset Hound)はフランス原産の中型犬である。胴長短足、床まで付きそうな長い耳が特徴。献身的な性格である。
元々はウサギ・キツネ等の小動物の狩の際に改良された猟犬だが、現在は主に家庭犬として飼われているケースが多い。 靴のブランド、ハッシュ・パピーのマスコットとしても知られている。

歴史 :

フランス原産。
飼育上の注意 :

胴長短足のためか、ヘルニアなどにかかりやすい。とてもスタミナがあり、1日に30分~60分ほどの散歩が必要。太りやすい体質のため、肥満予防をしっかりとしなければならない。頭はよいがとても頑固なため、しつけには根気が必要。初めて犬を飼う人にはあまりお勧めできない犬種である。長い耳の為水に浸りやすくウイルスが繁殖しやすい、目やにや涙が出やすい。
その他 :

刑事コロンボに登場するコロンボの飼い犬であり、実際にピーター・フォークのペットであった。名前は「ドッグ」。 マリリン・モンローも飼っていたので有名。
また、アニメ監督の押井守の手がけるアニメに多く登場する犬種でもある。代表作の一つである「攻殻機動隊」に登場するキャラクターの一人、バトーの飼っている犬はこの犬で、続編である映画「イノセンス」に登場するほか、「ミニパト」には監督とこの犬をモデルとしたマスコットのオシイヌが登場する。
 


 


バセットハウンドLINKSEO