ドーベルマン特徴

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


 

「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より(最終更新 2011年10月10日 (月) 21:08

ドーベルマン

 

ドーベルマン(Doberman)はドイツ原産の犬種である。

歴史 :

19世紀末、ドイツのテューリンゲン州に住んでいたカール・ルイス・ドーベルマンによって警備犬としてジャーマン・シェパード・ドッグとジャーマン・ピンシャー、ロットワイラー、マンチェスター・テリアとの交配により生み出された。 ドーベルマン・ピンシャー、ドーベルマン・ピンシェルとも呼ばれる。愛称はドーベル、ドベ、ドビーなど。
形態 :


ドーベルマン
断耳されていないドーベルマン

体毛は極短い。体は全体的に筋肉質で尖った耳と短い尾と相俟って見る者にシャープな印象を与えている。また、「丸腰でドーベルマンに対峙すれば人間は勝てない」と言われるほど強い犬種である。走力に優れ、優美な筋肉質のスタイルから「犬のサラブレッド」とも呼ばれる。なおサラブレッドもドーベルマンも、人工的に作り出された品種である。
元々は長く垂れた耳と細い尻尾をもっているが、子犬のときに両方とも切断することによって前述の外見を得ている。切断することによってだんだんと耳が立ってくるが、失敗してしまうこともある(左右の大きさや形が違ったり、余り立たないなど)。最近では切断しないドーベルマンも多くなってきている。ちなみに前足の狼指を切除している場合も多い(こちらは外見よりも、狼爪によって怪我をするのを防ぐ目的が強い)。
毛色 :
ブラック、レッド(ブラウン、チョコとも呼ばれる)、ブルー、イザベラ(フォーン)。目の上、マズル、胸、足先にタンのマーキングがある。 アルビノである白いドーベルマンも存在する。
ブラックとレッド以外の毛色は非常に好ましくないとされる。色素欠乏などの理由により特定の疾病が発症しやすいためである。
 

 

 

 

 

 

 

ブラックとブルー

レッド

ドーベルマン

ブルー

ドーベルマン

フォーン

ドーベルマン

ブラックとレッドの子犬

ドーベルマン

断耳されていないドーベルマン(全体)


サイズ :
JKCによって定められた理想のサイズ。
体高
牡:68〜72cm
牝:63〜68cm
体重
牡:約40〜45kg
牝:約32〜35kg
性格 :

労働犬・警備犬として品種改良した犬種であるので、難しい訓練にも耐えられる非常に頭の良い犬である。軍用犬・警察犬・麻薬探知犬・番犬・盲導犬等として訓練され活躍している。
飼い主に対しては非常に従順で与えられた命令は必ず果たそうとする忠誠心と忍耐力を持つが、家族以外の人間、犬に対しては警戒心が極めて強く縄張り意識も高い為攻撃的になり易く、咬傷事件が多く発生しておりドーベルマンを危険犬種に指定している日本の自治体もある。
飼育する場合は厳しい訓練や適切なコミュニケーション、十分な運動を行える生活環境や知識が必須であり、初心者や時間に余裕の無い飼い主には向かない犬種と言える。
健康上の注意点 :

フォン・ヴィルブラント病、胃捻転、股関節形成不全など。 ブルーの毛色のドーベルマンに見られるブルードーベルマン症候群は部分的な脱毛がある。 体のサイズから要求される運動量はかなりのもので、コンスタントに運動機会を与えるべきである。